• 会員登録はこちら
  • クール便ご指定はこちら
  • 有料試飲情報
  • WINE MARKET PARTYとは?
  • 20,000円(税抜)以上で送料無料!!
商品カテゴリー
  • DM掲載商品 Vol.73
  • ラッピングについて
  • La Vinee
 

イタリア 【テヌータ・カレッタ】

創立1467年、
   手摘み収穫・自社葡萄100%の名門ワイナリー

”logo"

歴史


・14世紀イタリア北西部、ピエモンテ南部のアルベーゼ地域に「カレッタ・コンスタンツィ」という有名な女貴族がいました。


・彼女は、その地域を仕切る地主であった事から「ドミナ・カレッタ(女主人のカレッタ)」のニックネームで呼ばれていました。


・約100年後、その地にワイナリーが創立された際には、地元の名士であった彼女に敬意を表して「テヌータ・カレッタ(カレッタの所有地)」と名づけられました。



テヌータ・カレッタ社の自社畑

自社葡萄畑のこだわり


・2014年にユネスコ世界遺産に指定された偉大なワイン生産地、ランゲ・ロエーロ地区とモンフェッラート地区に65ヘクタールの自社畑を所有。


・そして、名高いバローロ村の区画 カンヌービの丘にも2.6ヘクタールの自社畑を保有。


・”製造する全てのワインは自社畑ぶどうのみ”という徹底した品質管理も自慢です。


・出来るだけ農薬を使用しないサステイナブル(持続可能で環境に優しい)農法に注力しており、環境保護を推進しています。


畑に囲まれたワイナリーの風景

ワインの製造工程


・徹底した葡萄果実の手摘み収穫、ゆっくりと時間をかけた果実の破砕工程など、葡萄本来の品質を最大限に引き出す為に妥協を許しません。


・最新鋭のテクノロジーを導入しつつ、ワイン文化やテロワール、環境への配慮も重要と考えています。

・農作物である葡萄、畑の土壌、風土や気候、そして人間の技術それら全てがバランス良く調和する事で、良いワインが生まれると信じています。



barrels

10

ページトップへ